妊娠は卵子の老化で左右される場合があります



妊娠は卵子の老化で左右される場合があります

妊娠に必要なものは、精子と卵子と漠然と考えている人もいるのではないでしょうか。

実際、確かに卵子や精子は必要なものではありますが、ではその内容というものはとわれないのでしょうか。

最近、テレビ番組でも取り上げられ話題になりましたが、卵子の老化によって妊娠の確立というものが左右されるということも、だんだんと明らかになってきています。

老化は、年齢という面が大きく関与してきます。

卵子の凍結保存を選択するという人が増えているのも、将来的に結婚したいけれど今はまだ考えていないというような人が、将来を考えて行っているということが言えます。

芸能人が、三十代後半で結婚しているという事や、医療技術が発達しているということから高齢で出産をするという選択をしている人もいるということで、年齢が高くなっても、まだまだ妊娠して出産につなげられるというような、安心感というものを漫然と感じ取る人も少なくありません。

しかし、やはり35歳以降ぐらいの年齢から、妊娠率というものはだんだんと下降をするということが言われています。

こういった意味でも、卵子の老化ということを、あいまいにせず、しっかりと自分自身の妊娠、出産という事に意識を向けていくべきではないでしょうか。

男性においては、精子の老化というのは、年齢においてはほとんど言われません。

精子においては、排卵に合わせてのタイミングを取るという事ができなければ、受精能力を失うとされています。

ですので、男性においてはそれを気を付けていれば、年齢に関してはそれほど重きを置かれていないともいえるでしょう。

女性に関しては、高齢出産といわれるような年齢での出産に関しては、リスクなどを考えておくべきですし、出産をする前には、自分の体を見つめて、丁寧なケア、サポートを自分自身で行えるようにしておくことが重要でもあります。

少なくとも、子供が欲しいと考えている人であれば、どのぐらいまでにと人生設計を立てておくということは、行っておくべきではないでしょうか。

それこそ、仕事をしていたり、毎日が忙しいというような人は日々の仕事に追われてしまいがちです。

流れて過ぎ去って行ってしまう日々を、振り替える事だけでなく、将来に向けての計画というものを、先に先に行っておかねばなりません。

また、第二子不妊という言葉がありますが、一人目が大丈夫だったからということで安心して、ふと気が付くと年齢がということもありますので、ライフプランをしっかりと立てていきましょう。

その1:40代 自然妊娠

妊娠を希望する方は卵子の老化に注意



妊娠を希望する方は卵子の老化に注意

妊娠の確立を下げてしまう原因は様々あります。

例えば、ストレスやお酒、たばこ、紫外線などがあります。

これらは、体内で活性酸素を多く発生させてしまいますが、体内で過剰に増えてしまうことで肌のトラブルだけでなく癌の原因や卵巣の働きを低下させてしまう原因ともなってしまいます。

活性酸素のバランスを整えるためには、無毒化することができる抗酸化作用のある食事を摂ることがお勧めです。

野菜類や大豆、さらには玄米やオリーブオイル、大豆などが活性酸素のバランスを整えてくれる食材になります。

また、体型の維持にも心がけましょう。

肥満であっても痩せ体型であっても排卵が起こりにくくなってしまいます。

肥満が原因で引き起こされてしまう卵巣の病気では、毛深くなってしまったり生理不順や肌荒れなどの症状に見舞われてしまうこともあります。

また、無理なダイエットを行ってしまうと生理が止まってしまうこともあり注意が必要です。

体重管理を行うことで、卵巣や卵子を健康的に維持することも可能です。

また、煙草は、卵子の低下だけでなく精子の低下も引き起こします。

このような症状に見舞われてしまうことで、不妊の原因ともなってしまいます。

さらに、30代女性の多くが気にしているのが体の衰えです。

体が衰えることによって、卵子や卵巣も老化してしまうのではないかと疑問や不安を抱える方も少なくありません。

卵子は、女性が胎児の時に700万個も作られますが、その後は吸収されてしまったり閉鎖されてしまったりと、初潮を迎えるまでに200万個にまで減ってしまいます。

年齢が高くなるにつれて卵子の遺伝子や染色体に異常が見られることもあります。

注意しなければならないのが30代後半からです。

体と共に卵巣が老化することにより、排卵がスムーズに行われなくなってしまったり、流産のリスクが高まってしまうなど妊娠の確立が減ってしまいます。

肌と同じように卵巣にも老化現象が見られますが、自覚症状を感じる方はほとんどいません。

老化を実感できるのが月経ですが、ストレスや疲れでも影響を受けやすいため、月経が不順になってきたなと感じたら早期に病院で診察を受けるといいでしょう。

卵巣を調節しているホルモンの働きが衰えてしまうと妊娠がスムーズにできなくなってしまったり、時には流産してしまうリスクもあるため、信頼できるクリニックでの検査や治療、さらにドクターの診察を欠かすことはできません。

その2:大江麻理子 妊娠

妊婦が家事をするうえで気をつけること



妊婦が家事をするうえで気をつけること

妊娠すると女性はとてもうれしい気持ちになります。

そして、赤ちゃんに会える日をとても楽しみにします。

育児書などを参考に赤ちゃんを迎える準備をいろいろとすることでしょう。

自分たちの赤ちゃんはどんな顔をしているんだろうか、どんな性格だろうかと、夫婦そろって赤ちゃんに会えることを待ちわびるものです。

しかし、女性は妊娠してもするべきことが沢山あります。

特に家事は女性の仕事ですから、疲れていたりつわりがあっても毎日しなければいけません。

しかし、妊娠したなら家事をするうえで気をつけることがあります。

それは、無理をしないということです。

とはいうものの、朝起きてから朝食の準備、夫の弁当作り、後かたずけ、掃除機かけ、洗濯、ゴミ出し、買い物、お風呂掃除、トイレ掃除と毎日大忙しです。

お腹の中以外にも、他にも子供がいるならその子供たちの世話をする必要もあります。

主婦の仕事というのはかなりの重労働です。

しかし、妊娠するとこれまで以上に体力が奪われてしまいますし、ちょっとした事が流産のきっかけとなってしまうこともあります。

それで、妊娠したなら家事は無理のない範囲でするようにしましょう。

そのためには、夫に協力してもらいましょう。

夫のお弁当は毎日作るのではなく、時にはコンビニエンスストアーなどで買ってもらうようにしたり、食堂などでとってもらうようにしましょう。

特に、つわりで身体がきつい時や吐き気がするような時には、無理して作らないようにしましょう。

また、夫ができる家事は夫に任せましょう。

料理は作れなくても、ゴミ出し、洗濯干しなどは簡単ですので任せるようにしましょう。

また他の子供のお世話もお願いしましょう。

幼稚園の送り迎えやお風呂に入れてもらうことができるでしょう。

何でも自分ひとりで完璧にこなそうとするなら疲れてしまいます。

妊娠初期は特に妊婦生活がスタートしたばかりですので、身体の中ではいろんな変化が生じます。

また初期は流産を最もしやすい時期ですので無理は絶対にしてはいけません。

もし、切迫流産の危険や兆候があるのであれば絶対に安静にしておきましょう。

妊婦生活は長いようで短いものです。

「少しくらい家の中が汚れてててもいいや。

子供が生まれてから一生懸命家事をしたらいい」というおおらかな気持ちでいるようにしましょう。

そして、自分だけではなく、夫にも妊婦生活において気をつけることを伝えておくなら夫にも協力してもらえることでしょう。

その3:卵管閉塞 原因

メニュー